ここまでの経緯

久しぶりに書きます。

5月13日の朝、救急車を呼び入院になりました。体を起こすととても苦しく立てなかったです。病院でいろいろ検査しましたが、栄養失調とそれに伴って細菌感染したことによる発熱でした。「入院になるので今日は帰れませんよ」と言われ、皮膚科病棟に運ばれました。栄養失調に陥った理由ですが、足の痛みが酷かったので出前でお弁当やピザばかり食べていたからです。情けないですね。でも、近くのコンビニにも行けないくらい痛かったです。

入院になって麻酔科の先生からトラムセットを試してみようということで処方され、時間を決めて毎日飲みました。びっくりするくらい効きました。今まで東京医大の麻酔科に通っていましたが、精神科と漢方をすすめられ、ボルタレン・サポで我慢するようにと、何も進展がなかったので、慶應でトラムセットが効いて本当に楽になりました。ボルタレン・サポで腎臓に負担がかかってましたし、減らしなさいと言われながらも減らせないでいたので本当に助かりました。立ってるとやっぱりトラムセットでも痛いのですが、安静にしていれば大丈夫です。よかった。

トラムセットを飲みながら、感染と貧血のコントロールも一緒にしました。イトリゾール、クラビット、チガソンなどを飲みながら点滴もしましたが、点滴薬の名前はわかりませんでした。ベッドで何もせず待ってたらご飯を作ってくれますし、ありがたかったです。

足の潰瘍にリンデロンを塗って全体にはプロペトを塗りました。毎日、シャワーを浴びてボディソープで洗いましたが、入院する前よりとても楽で本当によかったです。今も歩くと少しふらふらしますが、少しずつ回復したので30日の午後に退院しました。先生が訪問看護も頼んでくれたので、帰ってからは、週に2回ほど訪問看護師さんに処置を手伝ってもらってます。

においがまだ気になるんですけど、それも少しはよくなりました。でもやっぱり電車の中で気になります。気にせずに入られません。臭そうに手で鼻をおおう人もいました。電車に乗れるようになったのはいいんですが、やっぱりつらいです。優先席だって必ず誰かが座ってますし、足が痛くても座れません。

今日は退院してから最初の通院日でした。口腔外科と皮膚科の採血を終わらせて皮膚科に行きました。ちゃんと綺麗に洗っていることとか話しました。次は2週間後の木曜にです。眼科と皮膚科があります。薬がたくさん出たので重くて持ち帰るのが大変でした。

だいたいこんな感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です