【デジタル】絵師になる準備

これからパソコンで絵を描こうと思ってる方に、自分が絵を描いてきて思うことを必要な道具の紹介とともに書いてみます。

ペンタブレット

まず絵を描くといえばこれです。一般的にペンタブと呼びますが、液晶ペンタブレットと区別したいときは板タブとも呼ばれます。ペンタブは左利きにも対応したものがほとんどで、利き手で不安に思うことはないです。初めてなら Wacom の Intuos Comic シリーズをおすすめします。お絵描きソフトの Clip Studio Paint Pro が同梱されています。ペンタブのサイズは Medium 以上を使う人が多いようですが、自分は Small で十分でした。手首を動かして描く方は小さくてもいいと思いますが、肘を動かして描く方は小さいと不便でしょう。買ってしばらくして高校の文化祭に絵を展示したこともありました。画面に直接描き込む訳ではないので、慣れるのが少し難しいです。自分は未だに綺麗な丸や四角を描けません。家電量販店で試しに触ってみて、自分に一番あったサイズを選ぶのが確実ですね。Wacom は埼玉県の会社です。世界的に見てもペンタブレットの業界で最も信頼できるでしょう。

本格的に描いていく予定の方で、お財布に余裕があるのでしたら Intuos Pro をおすすめします。これから長く使っていく方や、多くの時間を絵にかける方は、遅かれ早かれ Intuos Pro を買わなければならないのです。性能は液タブの Cintiq に匹敵します。

ソフト

Intuos Comic に付属しているのが Clip Studio Paint Pro。Mac と Windows に対応しています。価格は ¥5,000 です。Photoshop が良くないとは言いませんが、人体の構造やデッサンも知らず、まだ描きたいものすら自由に描けない初心者はそれを手に入れても持て余すだけです。自分は Photoshop を使っていますが、使わない機能がたくさんあります。月々 ¥980 払うより、クリスタを ¥5,000 で買ってしまった方がいいでしょう。シェアもそれなりに高く、現場でも使用されているようです。3Dデッサン人形を使ってポーズをとらせる機能が付いていますので、絵の練習がしやすいと思います。将来的に Photoshop を使うようになっても、クリスタで PSD ファイルをエクスポートできますから、データの受け渡しは何も問題ありません。単体でも購入可能ですから、ペンタブはあるけどクリスタ持ってないという方は検討してみるといいかも知れません。一時、SAI というソフトが流行ったのですが今はおすすめしません。クリスタと同価格でありながら性能はかなり劣っています。

さいごに

自分が初めて買ったお絵描きソフトは Illustrator でした。ペンや筆でキャンパスに描く感覚で絵を描きたい人には絶対におすすめしません。このソフトは皆さんがよく知る点々の集まりではなく、ベクトルという数字で定義された座標から描くものです。このソフトが描く画像の特徴として、解像度に依存しないという点があります。故にどれだけ拡大しても画像は荒れません。人を描くような柔らかい表現を苦手としており、車のような無機物を表現することを得意とします。それを知りながら何故か自分は買ってしまいました。工夫次第で人も描けないことはないので、毎日効率の悪い絵描きをしていました。自分の場合、後悔はしていませんが、どういったものかを知らない人がよくいますので、あまりおすすめできないソフトです。ちなみにこのベクトル、クリスタでも描くことができ、線がぶれることなくとても綺麗になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です